相続は簡単なことではありません

ある程度の資産があって、遺産を複数の相続人で相続をするともなると、結構面倒ですし、大変なことも多いです。

 

簡単に処理をすることが出来ないものでもあるのです。

 

土地を相続することになったのですが、法定相続人は4人いたので土地を4等分するわけにもいかず、結局売却をしてそこで得たお金を分けることにしました。

 

しかし、不動産業者への仲介料や住宅地として販売をするにあたり、測量を行ったり、下水道の配管をするまで行わなければならず、その費用は相続をする土地を売却したお金から出せばいいと考えていた人と、それは別途料金だからということで土地の金額だけ分け、諸経費は全ての手続きを行った人が支払うべきだという人がおり、もめました。

 

 

兄弟姉妹の仲を険悪することになったのがこの相続問題でした。

 

立地条件が良かったので、その土地はすぐに買い取り手が見つかり、早々に現金化をすることが出来たのですが、もしもいつまでも売地になってしまった場合には、手入れもしなければいけなくなってくるので、その経費も全て1人が負担をしなければいけなくなったのです。

 

結局、諸経費の半額は土地を売却したお金から出すということで合意をしたのですが、納得はいかないことだと思います。